人生の楽しみ〜ほんの少しの幸せの時間〜

はじめまして。こーちゃんと呼ばれてます。1日1日を必死で生きていますが、何のために仕事をするの?何のために今生きているの?そんなことを疑問に思いませんか?あぁ、この一瞬の為に今日頑張ったんだな!とかほっこりするような瞬間を書き綴っていきたいと思います。どうぞお付き合いください。

横幅が半端ない!ひもかわうどんの『ふる川』

日本のうどんを食べる旅

 

・香川の讃岐うどん

・長崎の五島うどん

・三重の伊勢うどん

・山梨の吉田うどん

・愛知の味噌煮込みうどん

・愛知のきしめん

 

今回は、愛知のきしめんから派生した、群馬の『ひもかわうどん』にたどり着いた。

 

一般的なうどんとは違い、ひらぺったいうどんなので、平打ちうどんと呼ばれているらしい。

 

今回ひもかわうどんを食べられるのは、『ふる川』という居酒屋さん

f:id:ko-chanblog95:20210412110405j:image

ランチの時間を逃してしまったので夜の部でうどんをいただく。

 

f:id:ko-chanblog95:20210412110443j:image

居酒屋さんと言うことで、タコの唐揚げがメニューにあったので取り急ぎ注文。

柔らかく弾力のあるタコをカラッと揚げてレモンを絞っていただく。

うどんを食べにきたのにこのタコの唐揚げは絶品!!

 

さて、いよいよ本命のひもかわうどん

 

f:id:ko-chanblog95:20210412110731j:image

つけ汁につけていただくスタイル。

f:id:ko-chanblog95:20210412110808j:image

幅が15センチくらいあって箸のほとんどが隠れてしまう。

麺に厚みもあるのでつけ汁は濃いめの味付け。

 

ズルズル啜って食べると言うよりはもくもくと食べるような感じだ。

 

f:id:ko-chanblog95:20210412111032j:image

 

こちらは名物のカレー南蛮

f:id:ko-chanblog95:20210412111107j:image

カレーとひもかわうどんの相性は抜群!!

 

うどんを全部食べたら、ごはんと温泉卵を入れて雑炊にして2度美味しい。

 

ひもかわうどんは箸で持ちにくいので、カレー汁の飛び跳ねに注意が必要だ。

 

なかなかお目にかかれないひもかわうどんだが、東京にもお店があるらしい・・・

 

コロナが落ち着いたらうどんの旅を再開しようと思う・・・

 

 

www.ko-chanblog.work

www.ko-chanblog.work

www.ko-chanblog.work

www.ko-chanblog.work