人生の楽しみ〜ほんの少しの幸せの時間〜

はじめまして。こーちゃんと呼ばれてます。1日1日を必死で生きていますが、何のために仕事をするの?何のために今生きているの?そんなことを疑問に思いませんか?あぁ、この一瞬の為に今日頑張ったんだな!とかほっこりするような瞬間を書き綴っていきたいと思います。どうぞお付き合いください。

SEOを超える顧客を店舗まで導くサービス『MEO』とは!?

『MEO』とは「Map Engin Optimization」の略称で、Google Mapの『地図検索エンジン』に対してサイトを最適化するサービスの事を言う。

 

Googleでの検索の際「地域、業種」や「駅名、キーワード」を入力された際検索結果上部の【Google Map専用の掲載エリア】が表示されるのは何でも検索する今の世の中であれば誰もが知っている事だろう。

f:id:ko-chanblog95:20201110111712j:image

この【Google Map専用の掲載エリア】には上位3位の店舗や会社しか表示されず、4位以下は初期表示されない。そして、1位〜3位までの店舗は店舗名、会社は会社名などを見込み顧客に認知させることができる。

この上位3位に入るように対策を行うことを『MEO対策』と呼ぶのだ。

f:id:ko-chanblog95:20201110111708j:image

現在、Google検索エンジンのシェアが9割強を占めており、Googleマップにおいては9割近く(89%)のユーザーが利用したことがあるという解析結果が出てる。さらに、そのうちの8割弱(79%)の人が実際にお店に電話をかけたり、訪問したりとアクションを起こしていて、その利便性は実に高いものと言えるのだ。

f:id:ko-chanblog95:20201110111828j:image

検索結果:ユーザーが「場所」+「目的」のキーワードで検索を行うと、検索結果に店舗一覧が表示される。

店舗情報表示:検索結果の店舗をタップすると、店舗の情報と共に電話や経路などのボタンが表示される。

電話or経路表示:ユーザーはそのまま目的の店舗に直接電話をかけたり、店舗までの経路を表示させて実際に向かうことができる。

 

目的が明確なユーザーは「どこで」「何をしたいか」を検索するため、後はGoogleが「どの店か」を勧めてくれる。

 

SEO対策では、数あるサイトの中からキーワードを選定して対策を行うのに対して、MEO対策は地図データの対策を行う。

ユーザーがどこで何をしたいかが明確になっている分、目的がはっきりしているので、上位表示されるいことでユーザーの目に留まりやすいことは間違いない。

実際、MEO対策をしたことで、ホームページ閲覧数が5倍以上になっているお店も続出している。

 

MEO対策に関してご質問などあればコメント頂ければ幸いです。