人生の楽しみ〜ほんの少しの幸せの時間〜

はじめまして。こーちゃんと呼ばれてます。1日1日を必死で生きていますが、何のために仕事をするの?何のために今生きているの?そんなことを疑問に思いませんか?あぁ、この一瞬の為に今日頑張ったんだな!とかほっこりするような瞬間を書き綴っていきたいと思います。どうぞお付き合いください。

金沢城の庭園【兼六園】と【21世紀美術館】

北陸の旅

 

次の目的地は・・・【兼六園

f:id:ko-chanblog95:20201020134105j:image

金沢城の庭園であり、城下町金沢の文化遺産だ。

 

日本三名園の一つ(水戸偕楽園・岡山後楽園)でもある。

 

春は桜・初夏の杜若・秋の紅葉・冬の雪吊りと四季折々を楽しむことができる。

今回は紅葉には少しはやいタイミングだったので、燃えるような紅葉は堪能できなかったが、夏の終わりにふさわしい姿を見せてくれた。

f:id:ko-chanblog95:20201020134822j:image
f:id:ko-chanblog95:20201020134748j:image
f:id:ko-chanblog95:20201020134838j:image
f:id:ko-chanblog95:20201020134806j:image
f:id:ko-chanblog95:20201020134723j:image

 

兼六園の奥に行くと、茶屋通りがあり、うどんなどの食事や軽食をとることができる。

風流さを味わうためにお団子をチョイス

f:id:ko-chanblog95:20201020135037j:image

甘いタレのみたらし団子にあったかいほうじ茶がよく合う。

 

金沢といえば、あんころ餅!

あんころ餅とお抹茶のセット

f:id:ko-chanblog95:20201020135206j:image

日本人に生まれて良かったと感じる一瞬である。

 

兼六園の通りを挟んだ反対側には

21世紀美術館】があり、観光客を飽きさせない。

f:id:ko-chanblog95:20201020135439j:image
f:id:ko-chanblog95:20201020135449j:image

美術館の外にあるモニュメント

芸術のわからない自分には不可解である。

 

館内では、自らが作った発泡スチロールの家を担いで歩き、国内外で移住を繰り返す『移住を生活する』プロジェクトで『村上彗』の展覧が行われている。

写真撮影はNGなので実際に足を運んで見てもらいたい。

 

21世紀美術館といえば、インスタ映えスポットでもあり、館内のプールに特殊な加工がしてあり、客は写真を撮りまくっていた。

実際に自分も撮りに行きたかったけど、まるでディズニーランドの『ビッグサンダーマウンテン』のような行列ができていたので、今回は諦めることにした。

f:id:ko-chanblog95:20201020140448j:image
f:id:ko-chanblog95:20201020140504j:image
f:id:ko-chanblog95:20201020140535j:image
f:id:ko-chanblog95:20201020140512j:image
f:id:ko-chanblog95:20201020140520j:image

 

21世紀美術館のみならず、金沢ではすごくゆっくりと時が過ぎる。

 

日常を忘れさせてくれるそんな街なのだろうか・・・