< head >

人生の楽しみ〜ほんの少しの幸せの時間〜

はじめまして。こーちゃんと呼ばれてます。1日1日を必死で生きていますが、何のために仕事をするの?何のために今生きているの?そんなことを疑問に思いませんか?あぁ、この一瞬の為に今日頑張ったんだな!とかほっこりするような瞬間を書き綴っていきたいと思います。どうぞお付き合いください。

冬キャンプ支度・・・アルコールバーナー

キャンプ時のお腹を満たしてくれる食事。

 

前回はガスバーナーについて記載したが、

 

 

www.ko-chanblog.work

 

 

今回はもう一つのアイテム【アルコールバーナー】について考えてみる。

 

f:id:ko-chanblog95:20191211081528j:image

アルコールバーナー(アルコールストーブ)とは?

 

液体のアルコール燃料を使用する加熱器だ。

 

小学生の頃、理科の実験で使った『アルコールランプ』と同じ。

 

液体燃料を使うことで、寒冷地でも使え、音も静かなのが特徴だ。

 

 

アルコールバーナーのメリット

 

・自然な炎

 

ガスバーナーのように勢いはないが、ゆらゆらと炎が揺れる。こういう炎を見ていると、心もリラックスしてくる。

 

・気温に左右されない

 

アルコールバーナーは気温に左右されることなく燃焼できる。-10℃であっても変わることがない。

 

・軽量コンパクトで持ち運びが楽

 

アルコールバーナー本体、燃料、五徳の全てを合わせても荷物にはならない。

燃料も必要な分だけを小分けして持ち運ぶことが出来るのも魅力だ。

 

・シンプルな構造で故障知らず

 

作りが至ってシンプルな為、ほとんど故障がない。アルコールをいれて燃やすだけなので・・・

また、真鍮やチタンなどで作られている為、丈夫だ。

 

 

アルコールバーナーのデメリット

 

・ガスバーナーと比べると火力が弱い

 

やはりガスバーナーの方が火力が強い。アルコールバーナーだとお湯が沸ききらないことがある。

また、風邪の影響を受けやすい為、風防が必須である。

 

・燃費がわるい

 

ガスバーナーだとCB缶を使えば1本150円ほど。

アルコールは500mlで230円ほど。

両方とも1回で半分くらい使うので、2回キャンプをした時の燃料費は 80円の差が生まれる。

 

・火力調節が面倒

 

アルコールバーナーの火力調節は蓋を利用して火が出ている穴を塞ぐことで行えるが、一々蓋をしたりしないといけない。

ダイヤルなどはついていないので・・・

 

 

以上、アルコールバーナーのメリットデメリットだが、正直効率的に調理をするのであればガスバーナー一択だろう。

 

しかし、アルコールバーナーを使う最大の理由は炎の揺らめきやあえて非効率なことをする事で『日常を忘れさせてくれる』

 

効率的に調理をするのであれば、家でやるのが一番効率的なのだから・・・

 

そして、アルコールバーナーを使っている人は口々に、『一度使ったらやみつきになる』という。

 

価格も2000円程あれば

アルコールストーブ

燃料費

五徳

f:id:ko-chanblog95:20191211081612j:image

は用意できるので、興味が有れば一度手にしてもらいたい。

 

 

 

www.ko-chanblog.work