< head >

人生の楽しみ〜ほんの少しの幸せの時間〜

はじめまして。こーちゃんと呼ばれてます。1日1日を必死で生きていますが、何のために仕事をするの?何のために今生きているの?そんなことを疑問に思いませんか?あぁ、この一瞬の為に今日頑張ったんだな!とかほっこりするような瞬間を書き綴っていきたいと思います。どうぞお付き合いください。

飯塚幸三元院長のコメント

今年(2019年)4月19日に東京都豊島区東池袋で起こった、『東池袋自動車暴走死傷事故』

 

当時、通商産業省の元職員が引き起こした事故。

この事故により、9名が負傷、2名が亡くなった。

被害者の方には心からご冥福をお祈りします。

 

さて、この事故を引き起こした張本人、普通なら即逮捕!の、はずが、

 

・逮捕されない

・『容疑者』ではなく、肩書で報道

 

されたことにより、批判の声が上がっている。

 

加害者がこの様な特別扱いを受けているのは『政治』の力が働いたのだろう。

 

周りが何を言っても亡くなった人は帰ってこない。

被害者遺族の気持ちはいたたまれないだろう・・・

 

そんな加害者が、先日単独取材に応じてメディアに姿を現した。

 

「安全な車を開発するようにメーカーの方に心がけていただきたい」

 

いや、メーカーは悪く無いでしょ!

 

確かに、安全に配慮した車を開発して欲しい。

 

しかし、それとこれは別問題だし、責任転嫁も甚だしい。

 

人をナイフで刺し殺して、「刺しても人が死なない安全なナイフを開発して欲しい」なんて言う殺人者がいるか!?

 

運転手は運転責任があるのだからしっかりと自分の罪を認めて、被害者遺族に謝罪する。

これが最優先ではないか?

直接被害者遺族に顔が合わせられないとしても、メディアを通して謝辞の気持ちは伝えられるはずだ。

 

『大人には責任ある行動と責任を心がけていただきたい。』