< head >

人生の楽しみ〜ほんの少しの幸せの時間〜

はじめまして。こーちゃんと呼ばれてます。1日1日を必死で生きていますが、何のために仕事をするの?何のために今生きているの?そんなことを疑問に思いませんか?あぁ、この一瞬の為に今日頑張ったんだな!とかほっこりするような瞬間を書き綴っていきたいと思います。どうぞお付き合いください。

高タンパク・低カロリー ダイエットの味方 かなやまきんにくん

高タンパク・低カロリー・低糖質・低脂肪をコンセプトにし、ヘルシーな赤身肉を使ったステーキをリーズナブルにいただける店。

 

【金山筋肉ん(かなやまきんにくん)】

 

f:id:ko-chanblog95:20191212115256j:image

 

お洒落な店内ではマッチョなお兄さんがお肉を提供してくれる。

 

f:id:ko-chanblog95:20191212115359j:image
f:id:ko-chanblog95:20191212115403j:image
f:id:ko-chanblog95:20191212115355j:image

 

ダイエットや体づくりをしている人にぴったりのお店だ。

 

主なメニューは

 

・赤身肉のステーキ

f:id:ko-chanblog95:20191212115524j:image
f:id:ko-chanblog95:20191212115520j:image

 

・たまごの白身のオムレツ、ハンバーグ

f:id:ko-chanblog95:20191212115605j:image

 

・サーモン

f:id:ko-chanblog95:20191212115629j:image

 

他にもサーモンレアステーキなどメニューは豊富だ。

 

ダイエット中でも心ゆくまでステーキを味わえる。

 

www.google.co.jp

冬キャンプ支度・・・アルコールバーナー

キャンプ時のお腹を満たしてくれる食事。

 

前回はガスバーナーについて記載したが、

 

 

www.ko-chanblog.work

 

 

今回はもう一つのアイテム【アルコールバーナー】について考えてみる。

 

f:id:ko-chanblog95:20191211081528j:image

アルコールバーナー(アルコールストーブ)とは?

 

液体のアルコール燃料を使用する加熱器だ。

 

小学生の頃、理科の実験で使った『アルコールランプ』と同じ。

 

液体燃料を使うことで、寒冷地でも使え、音も静かなのが特徴だ。

 

 

アルコールバーナーのメリット

 

・自然な炎

 

ガスバーナーのように勢いはないが、ゆらゆらと炎が揺れる。こういう炎を見ていると、心もリラックスしてくる。

 

・気温に左右されない

 

アルコールバーナーは気温に左右されることなく燃焼できる。-10℃であっても変わることがない。

 

・軽量コンパクトで持ち運びが楽

 

アルコールバーナー本体、燃料、五徳の全てを合わせても荷物にはならない。

燃料も必要な分だけを小分けして持ち運ぶことが出来るのも魅力だ。

 

・シンプルな構造で故障知らず

 

作りが至ってシンプルな為、ほとんど故障がない。アルコールをいれて燃やすだけなので・・・

また、真鍮やチタンなどで作られている為、丈夫だ。

 

 

アルコールバーナーのデメリット

 

・ガスバーナーと比べると火力が弱い

 

やはりガスバーナーの方が火力が強い。アルコールバーナーだとお湯が沸ききらないことがある。

また、風邪の影響を受けやすい為、風防が必須である。

 

・燃費がわるい

 

ガスバーナーだとCB缶を使えば1本150円ほど。

アルコールは500mlで230円ほど。

両方とも1回で半分くらい使うので、2回キャンプをした時の燃料費は 80円の差が生まれる。

 

・火力調節が面倒

 

アルコールバーナーの火力調節は蓋を利用して火が出ている穴を塞ぐことで行えるが、一々蓋をしたりしないといけない。

ダイヤルなどはついていないので・・・

 

 

以上、アルコールバーナーのメリットデメリットだが、正直効率的に調理をするのであればガスバーナー一択だろう。

 

しかし、アルコールバーナーを使う最大の理由は炎の揺らめきやあえて非効率なことをする事で『日常を忘れさせてくれる』

 

効率的に調理をするのであれば、家でやるのが一番効率的なのだから・・・

 

そして、アルコールバーナーを使っている人は口々に、『一度使ったらやみつきになる』という。

 

価格も2000円程あれば

アルコールストーブ

燃料費

五徳

f:id:ko-chanblog95:20191211081612j:image

は用意できるので、興味が有れば一度手にしてもらいたい。

 

 

 

www.ko-chanblog.work

 

 

冬キャンプ支度・・・ガスバーナーの特徴

キャンプと言えば、自炊

 

自炊といえば、バーナーか薪が必要になる。

 

ガスバーナーを使って、肉を焼いたり、ラーメンを作ったり、コーヒーを入れたり・・・キャンプの楽しみの幅が増えること間違いなし!

 

今回はキャンプ用ガスバーナーの特徴について・・・

 

f:id:ko-chanblog95:20191209145929j:image

 

ガスバーナーを使うと出来ること

 

ガスバーナーを使うと、家と同じ感覚で鍋やフライパンを使って調理ができるようになる。

火力調節もできる為、強火で一気に焼いたり、弱火でじっくり焼いたりする事ができ、肉ならジューシーに、また、目覚めのコーヒーも時間をかけずにいれることができる。

 

また、カセットコンロよりもコンパクトな設計になっているから持ち運びにも苦労しない。

 

 

ガスの種類

 

ガスバーナーを使う上で必要になるガスは大きく2種類。

 

・CB缶(カセットボンベ)

f:id:ko-chanblog95:20191209145636j:image

こちらはカセットコンロでお馴染みのボンベだ。

 

ホームセンターやコンビニ等で取り扱われている為、入手に苦労はしないだろう。

 

ただし、家庭用を想定されている為、気温が極端に低かったり、標高が高いと火力が安定しない事がある。

 

 

・OD缶(アウトドア)

f:id:ko-chanblog95:20191209145647j:image

こちらは『アウトドア』と名前の通り、屋外で使用することを目的としている為、気温や標高に関係なく火力が出る。

また、缶自体がコンパクトでかさばりにくい。

 

ただし、アウトドアショップやホームセンターでも一部店舗でしか取り扱っていない為、すぐに欲しい時に手に入らない場合がある。

また、CB缶よりも割高である。

 

 

選び方

 

それぞれの缶は互換性がない為、ガスの種類によってバーナーを選ぶべきなのである。

(目的や使用用途)

 

自宅でカセットコンロを使う人、安く済ませたい人、高所や寒い時期にキャンプをしない人

CB缶がオススメだ。

 

逆に、登山をする人や、冬キャンプをする人にはOD缶をオススメする。

 

 

 

注意点

 

・ガス缶は車内に放置すると危険

夏場の暑い車内に置いておくと、爆発する危険性がある

 

・車内やテント内で使うと危険

車内やテント内にガスが充満してしまう危険性もある。

 

・複数個並べての使用は危険

複数個並べて使用すると、缶に熱が伝わり、高温になってしまう。

 

 

最後に

 

ガスバーナーはキャンプをより楽しくしてくれる道具だが、使い方や保管方法には十分注意が必要である。

また、自分の使用用途に合わせて缶及びバーナーを選び、キャンプライフを楽しんでもらいたい。

初心者用キャンプ用バーナーの選び方

キャンプと言えば、火おこし。

 

火起こしには、【ガスバーナー】【アルコールバーナー】【薪】の3パターンだが、それぞれメリットデメリットがある。

 

【ガスバーナー】

メリット

・火力調節が安易

・カセットコンロ用のボンベ(CB缶)が使える

ランニングコストを抑えられる

 

デメリット

・高所や低温時に火力が下がる

・バーナーが重い

 

 

【アルコールバーナー】

メリット

・小型で軽量

・故障しない。メンテナンスフリー

・気温に左右されず着火できる

 

 

デメリット

・火力が弱い

・風邪に弱いから風防が必要

・単体では鍋が置けない

 

【薪】

メリット

・キャンプの雰囲気が一番出る

・周りも暖かい

 

デメリット

・薪を用意する必要がある

・匂いがつく

・片付けが面倒

 

状況に応じて何を使うか迷いどころだが、キャンプ初心者には【ガスバーナー】か【アルコールバーナー】がおすすめだろう。

 

これからの季節、どんどん寒くなることを考えると、気温に左右されない【アルコールバーナー】、寒いから早くお湯を沸かしたい【ガスバーナー】

 

次回はガスとアルコールの違いを細かく解説します。

キャンプ始めます

季節は寒い寒い冬に向かって日々進んでいる

 

そんな中・・・

 

『キャンプ始めます』

 

 

巷では、【ゆるきゃん】でオタクたちのキャンプブーム

 

【バイキングの西村】でキャンプブーム

 

ピン芸人ヒロシ】でキャンプブーム

 

 

このキャンプブームに「乗るしかない!このビッグウェーブ(大波)に」

 

 

以前から家ではないどこかで過ごすことに興味はあったけど、なぜ今なのか??

 

それは・・・

 

 

暑くなく、虫が少ないから!!

 

夏場は、『熱中症』や『虫刺され』の恐れがあり、キャンプを始めるには不向きだと判断。

 

テントを立てたり、火を起こしたり、車中泊だと車内は暑くなり、エンジンをかけるとガソリンはなくなる・・・

 

それに比べて、冬場は

 

☆暑くないが寒い→着込めば良い

 

ただそれだけです・・・

 

 

キャンプを始めるにあたり、何から揃えれば良いのか・・・

 

まず、車なのか、バイクなのか、自転車なのか・・・

 

まあ、冬だから車になるだろう・・・

 

車であれば、車中泊でいいのでテントは不要だ。

 

これから少しずつ小物を揃えて、一人の時間をたのしむキャンプ生活の始まりだ!!

 

虐待防止ガイドライン・・・世の中の流れ

2020年4月に子供への体罰を禁止する法律が施行される。

 

厚生労働省有識者会議で素案が示された。

 

『苦痛などを引き起こす行為はどんなものでも体罰に該当する』

 

具体的には・・・

 

・何度も注意したが言うことを聞かないから頬を叩いた

・イタズラをしたから長時間正座させた

・宿題をしなかったから夕ご飯を食べさせなかった

 

自分は古い世代の人間だから、「なぜ?」となってしまった。

 

体罰は確かに良くないが、痛みを伴わないと分からない事もある。

 

そもそも、国が法律で決める事なのだろうか?

 

 

こんな法律ができるのは、子育てができない親が増えてきていることが背景に・・・

ではなく、親としての自覚がない【親もどき】が増えてきていることが原因なのではないだろうか?

 

叱られることは人間の成長にとって大切だし、痛みを感じるからこそ人に優しくできる。

 

一部の【親もどき】の為に全ての国民がルールで縛られるなんて考えられない。

 

こんなルールができたら、親は子供にどうやって教育するのだろうか?

 

「人を叩いちゃダメ。法律違反だから」

ではなく、

「人を叩いちゃダメ。叩かれたら痛いし悲しいでしょ?」

と、感情を育てていく教育を目指して欲しい・・・

【訃報】声優の井上真樹夫さん死去

声優の井上真樹夫さんが11月29日に狭心症で亡くなられた。

 

井上さんは、アニメ『ルパン三世』で2代目石川五右衛門役として活躍されていた。

f:id:ko-chanblog95:20191203022504j:image

 

 

11月29日と言えば、金曜ロードショーで『ルパン三世』が放送された日。

 

この日のルパン三世石川五右衛門の声は既に井上さんでは無いが、何か運命的なものを感じる。

 

 

自分の中では松本零士氏の『宇宙海賊キャプテンハーロック』のハーロック役が一番思い出深い。

f:id:ko-chanblog95:20191203022515j:image

 

「男なら、悲しむ前にやるべきことはやれ!」

「生きているものには全て生きている価値がある!」

「死ぬとわかっていても戦わなければならない時がある!」

 

ハーロックの言葉は今でも胸に突き刺さっています。

 

 

心から御冥福をお祈りします。