< head >

人生の楽しみ〜ほんの少しの幸せの時間〜

はじめまして。こーちゃんと呼ばれてます。1日1日を必死で生きていますが、何のために仕事をするの?何のために今生きているの?そんなことを疑問に思いませんか?あぁ、この一瞬の為に今日頑張ったんだな!とかほっこりするような瞬間を書き綴っていきたいと思います。どうぞお付き合いください。

コンテナの中で食べるカレー インターナショナルビレッジ

愛知県弥富市・・・

 

国道23号線を名古屋から三重県方面に走って、ちょっと入り組んだ場所にある

 

パキスタン料理】のお店【インターナショナルビレッジ】

 

f:id:ko-chanblog95:20200216143258j:image

 

コンテナが並び、スナイパーに狙い撃ちされそうな雰囲気が漂う中にパキスタンの国旗がはためいている。

 

ぱっと見、ここで美味しいカレーが食べられるなんて想像もつかない。

 

そして、お店があるなんて知らなければ通り過ぎてしまう・・・

 

なんだか怪しい雰囲気の中、店内へ・・・

 

f:id:ko-chanblog95:20200216143534j:image

 

入り口は小さくわかりづらいが、どうやら営業しているらしい。

 

店内に入ると、お店の人が爽やかに迎えてくれる…

 

席につき、注文をしようとすると、レジへ案内される。

 

どうやら、レジで注文する(いきなりステーキ方式)らしい

 

f:id:ko-chanblog95:20200216143736j:image

 

メニューを見てもよくわからない。なんとなくカレーのメニューなのかと思っていると、ホワイトボードの上に日本語メニューがしっかり書いてあった。

 

f:id:ko-chanblog95:20200216143846j:image

 

とにかく、カレーとナンが食べたかったので、適当に注文。

 

どうやら「カレー」「ナン」「サラダ」がセットになっているらしい。

 

これはインドカレー屋さんと同じだ。

 

しばらく待つと、サラダが運ばれてくる。

 

サウザンドレッシングのかかったサラダはさっぱりしていて、これから来るカレーの為に胃袋を準備万端にしてくれた。

 

運ばれてきたのは

 

『海老カレー』

 

f:id:ko-chanblog95:20200216144215j:imagef:id:ko-chanblog95:20200216144220j:image

 

小海老がたくさん入っていて、今回は甘口をチョイスしたから上にはココナッツミルク?がかかっている。

 

『チキンとじゃがいものカレー』

 

f:id:ko-chanblog95:20200216144347j:imagef:id:ko-chanblog95:20200216144350j:image

 

ごろっと丸ごと1個のジャガイモはホクホク!!鶏肉も柔らかく、味がホロホロと溢れていく。

 

カレーにはナンが付いてくるのだが・・・

 

f:id:ko-chanblog95:20200216144511j:image

 

なんとカレー1つに対してナンが2枚ついてくる。

 

焼きたてのナンは外はパリパリ、中はフワフワ。

このナンは中に蜂蜜が練り込まれているのか?甘くて美味しい。

カレーに付けずにナンだけでもどんどん進む…

 

カレーを食べるだけでは物足りないので、「フィッシュティッカ」を注文

 

f:id:ko-chanblog95:20200216144758j:imagef:id:ko-chanblog95:20200216144802j:image

 

キハダマグロ?に香辛料を振りかけて焼いてある。

少し香辛料の香りが強いけど、これはこれで美味しい。

 

初め、店内には自分たちしかいなかったので、⦅このお店大丈夫なのか??⦆と思ったけど、食べ終わる頃には大勢のお客さんが入店してきた。

地元の人たちには愛される知る人ぞ知るお店だった。

 

 

ブラック企業とブラック上司 耐えられないなら辞めて環境を変えよう

俗に言う「ブラック企業

 

ブラック企業ブラック会社とは?

 

主に企業舎弟を指す言葉である。

 

最近では意味合いが変わり、

 

「新興産業において若者を大量採用し、過重労働や違法労働、パワハラによって使い潰し、次々に離職に追い込む成長大企業」を指す。

または「従業員の人権を踏みにじるようなすべての行為を認識しつつも適切な対応をせずに放置している企業」でもある。

 

自分自身が勤める会社が【ブラック企業】だと認識したら、すぐに辞めて環境を変えるべきである。

 

・一人が辞めても会社はまわる

・自分自身の精神や身体に支障をきたしてまで働く必要はない

・この世の中に仕事は無限にある

 

しかし、中々『退職』に至らない人もいるはずだ・・・

 

・仕事を辞めたら収入が・・・

・家族が生活できない・・・

・会社が辞めさせてくれない・・・

 

などなど・・・

色々な理由が合ってなかなか踏み切れない人も多いはずだ。

 

だが、先に記述したように

 

『この世の中に仕事は無限にある』のだ。

 

色々と理由はあるだろうが、

 

※今の生活スタイルから変わることへの恐れ※

 

でしかないのだ。

 

 

仕事が変われば環境が変わる。当然生活も変わるし、人付き合いもかわる。

変化に対応することは結構体力が必要だが、考え方を変えればいつでも環境は変えられる。

 

モチベーションが上がらないまま仕事を続けても誰も幸せにならない。

 

むしろ不幸になっていくだけなのだ。

 

そもそも、現時点で「ブラック企業で100%消耗している」状態なのであれば、行動を起こすだけで100%かわる。

 

パワハラに耐えていた毎日がストレスフリーな毎日に

 

長時間残業で終わっていた1日が自分のスキルアップに当てられる時間が確保できる

 

友人・家族と過ごす時間も当然増えるだろう。

 

 

そして、『ブラック企業』は日本の世の中を蝕んでいく悪であることを再認識してほしい。

 

ブラック企業の繁栄は経済を回さない。

 

疲弊し切った人が果たしてお金を使うだろうか?

 

休みの日は1日寝て終わる。食事もコンビニ飯。給与安いから娯楽もない。

 

こんな状態の人間が増え続けたらどうなるか?

 

当然、お金を使わないからお店も流行らないし、店員の給与も上がらない。

 

このように世の中に全くいいことがおこらないのだ。

 

 

自分が今「ブラック企業」ではたらいているなぁと自覚している人は、早速行動に移すべきなのだ。

 

マンガやアニメに見られる理想の上司②

前回、理想の上司像として

 

千と千尋の神隠しに登場する『湯婆婆』を例に出したが、

 

 

www.ko-chanblog.work

 

今回は社会経験を得てたどり着いた答え・・・

最高にして最強の理想の上司像・・・

誰もが?憧れる上司・・・

 

 

ドラゴンボールZドラゴンボール超に登場する

フリーザ』様。その人である。

f:id:ko-chanblog95:20200203220608j:image

 

作中、宇宙の帝王として悪行の数々だが、彼の部下目線で考えてみた。

 

1.失敗してもなんだかんだでチャンスを与えてくれる

f:id:ko-chanblog95:20200203224005j:image

 

上司の指示に従い行動したが、結果的には失敗に終わってしまう。そんな時、「次はないですよ!」と2度目のチャンスをくれる

 

2.成功の暁には報酬を、失敗した時にはしっかり叱ってくれる

f:id:ko-chanblog95:20200203224400j:imagef:id:ko-chanblog95:20200203224546j:image

 

部下を決して甘やかさず、結果にのみ叱ってくれる。そして、成功した場合の報酬が明確に示されている。

 

3.言葉遣いが丁寧であり、敬意を払っている

f:id:ko-chanblog95:20200203224133j:image

 

部下には『さん』付け呼ぶばかりか、敵に対しても『さん』付けで呼んでいる。

 

4.自分の好き嫌いで評価をせず、実力及び結果で序列をきめている

f:id:ko-chanblog95:20200203230123j:image

 

ゴマスリがうまい人を評価するのではなく、きっちり仕事の結果が評価に結びついている。

それは若手であろうが、ベテランであろうが関係ない。結果を出す者には更に上のポジションが与えられる。

 

5.自分に敵対する者であろうが能力のある者はきっちりスカウトする

f:id:ko-chanblog95:20200203221953j:image

自分の組織に必要だと感じた時にスカウトに余念がない。全体の利益を常に考えている。

 

6.部下が迷わないよう、目的を明確にしている

f:id:ko-chanblog95:20200203230621j:image

 

ドラゴンボールを奪うのは○○のため。

侵略するのは宇宙を征服するため。

など、目的がはっきりしているので部下はそこに向かって一直線。

 

7.部下からの信頼が厚い

f:id:ko-chanblog95:20200203223837j:image

 

フリーザー様にかかれば・・・

部下が自ら「様」と呼んでいるのは信頼の証。

困った時、最終最後は自分でケツを持つ。

 

8.部下のギャグにも付き合ってくれる

f:id:ko-chanblog95:20200203224240j:image

 

どんなに寒いギャグでもキチッとリアクションしてくれる。無碍に断らない。

 

悪行の数々は置いておいて、部下から信頼され尊敬される要素が盛り沢山だ。

 

それだけ信頼が厚いフリーザ様・・・

 

フリーザ軍と呼ばれる軍団を率いて次々と星を侵略していく。

 

目的が違えば最も優秀なリーダーと言っても過言ではない。

 

今日から部下を「さん」付けで呼ぶ事から始めてみてはどうだろうか・・・

マンガやアニメに見られる理想の上司

さて、明治安田生命保険の2020年春の新入社員に対するアンケート調査の結果、理想の上司1位に輝いたのは『内村光良』だが、具体的にどんな人物が理想の上司なのか・・・

 

 

www.ko-chanblog.work

 

 

1人目は・・・

 

 

ジブリアニメ映画【千と千尋の神隠し】に登場する『湯婆婆』だ

 

f:id:ko-chanblog95:20200201142536j:image

 

物語としては、異世界に迷い込んだ千尋の名前を取り上げることで自分の支配下に置き、過去の記憶を消し去ってしまう魔女『湯婆婆』

幼い千尋に仕事を押し付け、自分の子供を溺愛している。

現実世界に戻る際も、豚になった両親がいないにも関わらず、「この数匹の豚の中から自分の両親を言い当てろ」と最低っぷりを発揮している。

 

しかし、見方を変えてみると・・・

 

 

・働きたい!と言えば働かせてくれる

・働く上で教育係(指導係)をつけてくれる

・新人にでも大きな仕事のチャンスを与えてくれる

・ミスを犯してもネチネチと過去の事で嫌味を言わない

・成果を出した時はしっかり褒めてくれる

・従業員(部下)を守るために体を張ってくれる

 

魔女の契約かは分からないが、「働きたい」と言うものに対しては必ず仕事を与える。

行き場のない千尋が、ハクのアドバイスを受け湯婆婆に懇願した結果『採用』となる。

しかも、住み込みだから布団で寝られるし、食事もついてくる。

 

 

仕事をしろ!と言ってやり方も示さず自分で考えろ!というスタイルではなく、キチンと指導係(リン)をつけてくれる。リンは姉御肌で細かい指導までできる事を見抜いて指名した、いわば適材適所だ。

f:id:ko-chanblog95:20200201142659j:image

 

千尋は新人なのにも関わらず、大湯の掃除を任される。大湯は汚れたお客専用の風呂釜のことだ。のちにこの仕事が大きな成果に繋がる。

f:id:ko-chanblog95:20200201142815j:image

 

 

勝手に薬湯を使ったり、カオナシを油屋に取り込んだり、湯婆婆の子供を勝手に連れ出したりしたが、叱るのはその時だけ。後々に過去のことを持ち出して愚痴ることをしていない。

 

 

泥まみれで風呂に入りにきた客を一生懸命接待した結果、「名のある川の主」河の神が大変満足して帰っていった。河の神が去った後には大量の砂金が残されており、湯婆婆は千を称賛する。結果に対してしっかり褒めてくれるのだ。

f:id:ko-chanblog95:20200201142935j:image

 

カエルや従業員を取り込んで暴走する「カオナシ」が千を捕まえようと追ってくる。湯婆婆は千とカオナシの間に入り、「お客様とて許せぬ」と言って気弾を放つ。体を張って従業員を守っているのだ。

f:id:ko-chanblog95:20200201143036j:image

 

 

 

いかがでしょうか?

物語としてみるのではなく、人物にフォーカスすると湯婆婆はとてもいい上司ではないだろうか?

 

そして、従業員の誰も逃げ出さないことがそれを物語っている。千は現実世界に両親と共に帰る。という目的があるし、ハクは魔法を覚えて帰るという目的がある。

皆、去るのには自分の目的があるからで、仕事が嫌で逃げ出してしまおうというものがいないのだ。

 

ちょっと口は悪いが、湯婆婆はいい上司なのではないだろうか・・・

 

理想の上司

近年、パワハラやセクハラなどハラスメントに対するガイドラインが厳しくなっている中、企業の従業員に対する接し方が大きな課題となっている。

 

f:id:ko-chanblog95:20200201133342j:image

 

企業とは代表者を筆頭に役員や幹部、役職者、役職なしの人間で構成されているが、ハラスメントに関しては、役職者以上(主に上司と言われる立場の人間)の接し方が企業イメージを決めてしまうと言っても過言ではない。

 

今回は、理想の上司像を考えたいと思う。

 

週刊誌やテレビなどで、上司にしたい有名人ランキングが毎年公開されている。

 

調査機関にもよるが、例えば

明治安田生命保険では、2020年春の新入社員を対象にしたアンケートを行った結果

 

f:id:ko-chanblog95:20200201133356j:image

 

10位 田中圭

7位   ムロツヨシ長谷部誠・博多大吉

6位   松本人志

5位   桝太一

4位   鈴木一朗(イチロー)

3位   設楽統

2位   カズレーザー

1位   内村光良

f:id:ko-chanblog95:20200201133409j:image

 

 

となっている。

 

新入社員に対するアンケートなので、実際に仕事に関わっていない人たちの考えだから、テレビに出ている時の発言などを元に答えたれたものである。(実際に部下に聞いたわけではない)

あくまでも、外向きに発信されている情報でしか判断していないのだ。

 

では、現実的な理想の上司とは・・・?

 

・部下に対する指導や指摘、称賛を与えている。

・部下がやる気になって仕事に打ち込める

・部下が成長し、待遇が改善されている

・部下を通じて成果を出している

・自分の保身ではなく、いざと言う時は部下を守る

・部下に慕われている

 

 

会社組織に入ると言うことは、少なからず人と関わることだし、人を通じて仕事を行うことだ。

個人で成果を出しているだけの人は理想の上司にはなり得ない!

 

では、具体的にどんなひとなのか・・・

 

これは組織に属さないとわからない。

実際の仕事ぶりや部下からの評価を目の当たりにしないと見えてこないのだ・・・

 

 

だが、我々は幼い頃から上司と部下の関係はテレビなどで目にする事が多かったはずだ。

 

例えば、『半沢直樹』のようなドラマも一つの例だ。

「こんな上司は嫌だ!」

と言う例を散々見てきている。

 

では、理想の上司は?

 

・・・

 

・・・

 

それは、マンガやアニメに登場する『悪役』と言われる面々だ。

 

??と思う人も多いだろう。

 

そう、悪役は嫌われ役。決していい風には思われない。我々に危害を加えるかもしれない集団だからだ。

 

しかし、その悪役の組織としてみたらどうだろうか?

 

統率が取れていて、ボスのために命をかけられる部下。

 

視点を変えてみると理想の上司像は『悪役』の中に存在するのだ。

 

見習うべきは、組織の外に対する考え方ではなく、組織の内に対する考え方だ。

 

では具体的にどんな登場人物のどんなところが理想の上司なのかを紐解いて行きたいと思う。

 

続きはまた明日・・・

 

 

www.ko-chanblog.work

 

 

東出昌大と唐田えりかの不倫騒動

今、世間を賑わしている

 

東出昌大唐田えりかの不倫騒動

 

東出昌大の妻、杏が妊娠中ということもあって、連日報道が騒いでいる。

 

出会いはいついつだ・・・

 

杏の父の不倫が・・・

 

東出昌大の事務所が・・・

 

 

確かに、ビジネスとして起用していた企業は、イメージを損なうため騒ぐだろう。

 

しかし、それだけだ。

 

 

日曜日朝の情報番組『ワイドナショー』で長嶋一茂も言っているように、「当人同士の問題であって、周りがとやかく言うことではない」

 

誰と誰がどうなろうと、関係ない。

 

もっと有益な情報、有益な話題で議論してほしいものだ。

Googleが2020年2月から混在コンテンツのブロックを強化

2020年2月からGoogleHTTPSに完全位移行していないサイトに対して

 

Google  Chrome の動作を厳格化していくことを表明した。

 

混在コンテンツとは・・・

 

HTTPS ページなのにhttp://で配信されているものが該当する。

 

主に、動画や画像等が表示されなくなってしまう。

 

早いタイミングでSSL化に変更することがお勧めである。